仮登録メールを利用する

ばっちり集客プラン操作ヘルプメニュー

仮登録メールは初期設定で使用するように設定されています。
(業種の選択によっては設定が異なる場合があります。)

仮登録フローでは、フォーム入力後、登録したメールアドレスに登録完了用URLが送信されます。そのURLにアクセスして初めて登録が完了します。
メールアドレスの間違いを防いだり、本人確認を行うことができます。
仮登録フローは、使用するかしないかを「使用/停止」ボタンで切り替えることができます。

登録完了用URL、キャンセル用URLには有効期限があります。仮登録から24時間以内でなければ本登録できません。
有効期限を過ぎてからこれらのURLアクセスすると、無効URL画面メッセージが表示されます。

  1. 顧客登録フォームの設定画面を開きます。
    「入力フォームの設定画面」から「顧客登録フォーム」の[設定する]ボタンをクリックします。
    顧客登録フォームを設定してください。

    ●顧客登録フォームの設定についての詳細は、「顧客登録フォームを設定する」を参照してください。


    <フォーム一覧画面>

  2. 「仮登録画面」を設定します。
    顧客登録フォームの設定画面を開きます。
     「仮登録画面」タブをクリックし、「仮登録画面」の[設定する]ボタンをクリックします。


    <顧客登録フォーム設定画面>

  3. 仮登録設定画面が表示されます。
    仮登録画面で表示する各種のメッセージや画面デザインの設定を変更できます。
    それぞれの設定を変更し、[次へ]ボタンをクリックしてください。


    <仮登録設定画面>

  4. 確認画面が表示されます。
    内容を確認し、問題がなければ[設定する]ボタンをクリックしてください。顧客登録フォームの設定画面に戻ります。
  5. 「仮登録メール」で、フォーム入力後、登録したメールアドレスに登録完了用URLを送信するメールを設定します。
    顧客登録フォームの設定画面を開きます。
    「入力フォームの設定」から「顧客登録フォーム」の[設定する]ボタンをクリックします。

    登録完了用URL、キャンセル用URLには有効期限があります。仮登録から24時間以内でなければ本登録できません。
    有効期限を過ぎてからこれらのURLアクセスすると、無効URL画面メッセージが表示されます。



    <フォーム一覧画面>

  6. 顧客登録フォームの設定画面を開きます。
     「仮登録画面」タブをクリックし、「仮登録メール」の[設定する]ボタンをクリックします。


    <顧客登録フォーム設定画面>

  7. 「仮登録メール設定画面」が表示されます。
    「登録URL」、登録解除のための「登録取消URL」はあらかじめ本文に設定されています。
    設定した仮登録メールはテストメールを送信することもできます。
    それぞれの設定を変更し、[次へ]ボタンをクリックしてください。


    <仮登録メール設定画面>

  8. 確認画面が表示されます。
    内容を確認し、問題がなければ[設定する]ボタンをクリックしてください。顧客登録フォームの設定画面に戻ります。
  9. 仮登録設定から[使用]をクリックして、設定を有効にしてください。



ページTOPへ戻る